小児鍼から一般鍼灸治療まで 千葉市のA&C幕張治療院です

鍼灸治療 小児鍼 千葉市

鍼灸治療 小児鍼 千葉市
一般鍼灸治療
オプションメニュー
痩身療法

鍼灸治療 小児鍼 千葉市
0歳からの小児はり

鍼灸治療 小児鍼 千葉市
院長ブログ
院概要・アクセス

鍼灸治療 小児鍼 千葉市
お問い合わせフォーム
リンク集
割引チケット

鍼灸治療 小児鍼 千葉市

鍼灸治療 小児鍼 千葉市
オプションメニュー

温灸
温灸は電気式のお灸で、各所のツボが多く集まっている足の裏などに当てます。
例えば腰の治療の際には、かかとに当てて治療を行います。
--

吸玉
吸玉 吸玉療法は、カッピングとも呼ばれ、
頑固な腰痛や強い筋肉疲労の場合などに適用します。

ガラスの吸玉を使い、中を真空化するので、
引く力が強いので、頑固な肩こりや強い疲労感など
症状が重い場合に適用します。
--

骨盤矯正
左右の長さが違っていたり、体の片側だけ痛み・コリがある場合などは、
骨盤が歪んでいる可能性があります。
そんな場合には、骨盤矯正治療を行い、左右対称に動けるように、
また片側のみに症状が出ないように矯正を行っています。
--

EYEマッサージ
パソコンを使用したり、携帯を使用したりと
現代人は眼を酷使する作業が多く、
目の疲れを訴えて来院される方が多くいらっしゃいます。

EYEマッサージでは、写真の器具を目に当て、
あたためたり、バイブでほぐしたり、
また時には圧迫してマッサージチェアのように
目の疲れを癒します。
EYEマッサージ
--

テーピング
キネシオテーピングを使用したテーピング療法です。
小学生・中学生などでスポーツを行っている方、またゴルフ・テニス・サッカーなどをされている方など
お子様からご年配の方まで、広く使用されています。
当院でも、野球やバトンをしている小学生などがよく訪れています。

またご年配の方では、衰えてきた筋肉を補強する意味で、膝・足・腰などに当てる場合もあります。
--

ゲルマニウム温浴
ゲルマニウム温浴 有機ゲルマニウムを溶かした、42℃のお湯の中に20分間
手足を浸すことで、体の内側から温まり
普段はかくことがない程の大量の汗をかきます。

温浴によるリラクゼーション効果で自律神経の働きを高め、
血行を促進して血液が末端の毛細血管まで
行き渡ります。
お子様からご年配の方までOK
1回20分間のゲルマニウム温浴で、エアロビクス2時間に相当する運動量(約600kcal)を消費し
体脂肪率を平均して2〜5%落とすといわれています。
当院では水に溶けやすい性質の有機ゲルマニウムを使用しており、浸透性が良く、
有効成分が皮膚呼吸により体内に吸収されて全身を巡ります。

有機ゲルマニウムには『体内に大量の酸素を作り出す』という優れた性質がある為、
大量の酸素を全身すみずみの細胞に運び血液を浄化します。
そして新陳代謝を活性化し免疫力を高め、不調になっている身体の機能を整えます。
また血液中の酸素が増えると、その酸素が運ぶヘモグロビンが増えます。
さらに血流量が増加して、多量の血液が血管内を流れ、血管の内壁に付着した
脂肪分などの不純物を一緒に洗い流して血液を浄化、ドロドロ血の改善を手伝います。

体内に長く残留できない有機ゲルマニウムは、2〜3日で汗腺から排泄されます。
この時、老廃物や有害物質・余分な水分を一緒に連れ出し、体の大掃除を行います。
こうして排泄力を高め、体が本来持っている自然治癒力を引き出し、さらに血液・リンパ液の循環を
促進することで、健康や美容面において優れた効果をもたらす温浴法です。

ゲルマニウム温浴は、全身浴とは異なり手足だけを浸す手足温浴法ですので、お子様から
ご年配の方まで安心してご利用いただけます。
ゲルマニウム温浴を始めると、下痢・微熱・患部の痛みなどの症状が出る場合があります。
一見症状が悪化したようにみえるこの現象は、悪い状態から健康を回復する時にみられる
転換期症状です。
新しい刺激に対して体が反応しているという現れで、体が順応するまでの一時的な現象で、
血液が浄化され血行がよくなるにつれて症状が改善します。
--

施術料金
温灸・吸玉・EYEマッサージ・テーピング 治療内容により異なりますので、詳しくはスタッフへ。
ゲルマニウム温浴 (10分間) 1,000円

※一般施術をされた方は、ゲルマニウム温浴10分間サービス
※親子で施術される場合は、500円OFF

各種健康保険ご利用頂けます。
(但し医師の同意書が必要です。書類は当院にございますので、お問い合わせ下さい。)

ご相談・お問い合わせお待ちしております♪
  メールでのお問い合わせ

▲PAGETOP
SITEMAP
TOPPAGE一般鍼灸治療オプションメニューTOPPAGE痩身療法0歳からの小児はり
院長ブログ院概要・アクセスお問い合わせフォーム

COPYRIGHT©2009 A&C幕張治療院 ALL RIGHTS RESERVED.